Sun-in-autumn-forest-583825182_3888x1878

Reboot

”Boys Be Ambitious!”

再生紙

一般財団法人 興農学園とは?

当財団起源は、デンマーク国民農学校を模範とし、1929年4月に静岡県沼津市にて開校した私立農学校です。創業者は札幌農学校クラーク博士に師事した同校一期生の渡瀬寅次郎博士(設立直前に他界)、内村鑑三氏、新渡戸稲造氏、そして渡瀬博士の娘婿にあたる小坂順造ら親族です。

まもなく設立100年周年を迎える2020年を機に、小坂順造の曾孫である小坂幸太郎を代表理事に配し、科学技術を駆使した日本の食料事業の再開発と、生産と効率向上を推進する財団法人として再始動します。

News

マックスむらいがD2C事業へ参入!農と食のプラットフォーム・興農学園とタッグを組み農業分野においてブランド商品の開発を開始!

2020 10 30

2020 10 30

AppBank株式会社は、本日10月30日にYouTuberでAppBankの代表取締役社長CEOであるマックスむらいのD2Cブランドを農業分野において新たに立ち上げることを発表いたしました。本ブランド立ち上げでは、農と食のプラットフォームを運営する一般財団法人 興農学園と提携・共同運営し、YouTubeチャンネル「マックスむらい SEASON2」と「AppBankTV」において配信中の山企画のなかで、ブランド商品の企画、開発、販売を行なってまいります。

会員制度設立

2020 10 01

2020 10 01

興農学園に会員制度を設立することとしました。法人会員と個人会員の二部構成になっていて、会員費と提供役務によって5種類の制度に設計しました。

創業者の記録

2020 09 01

2020 09 01

静岡恵明学園様よりご提供いただきました創業者、渡瀬寅次郎博士活動の記録を電子化しました。「渡瀬寅次郎伝」と申します。当財団の起源、並びに創業者の活動についてご関心を持っていただいた方にご覧いただきましたら幸いです。

エネルギー部門設立

2020 08 01

2020 08 01

日本の食料安定供給、耕作放棄地、担い手不足など、日本の食料生産が抱える社会問題について、同じ目線と危機意識で取り組んでいらっしゃる倉田隆広さんを、当財団のエネルギー事業部門長としてお迎えします。

調和発展部門設立

2020 07 01

2020 07 01

当財団の経営企画部門として、調和発展部門を設立することとしました。部門長はアブジケエフ・タメルランさんです。調和発展部門は財団の経営企画全般を統括する部門です。

色あせた紙やすり

Coming Stories​ 

Grilled-eels-and-liver-baking-461766871_

高級鰻の​常温保存可能なレトルトパック

​開発ストーリー

steak-1181827278_2124x1416.jpeg

日本が世界に誇る和牛をヘルシー、且つジューシーにするストーリー

Leaves-of--raw-kale,-above-view.-6384510

アンチエイジング効果のあるGABA成分を含む​野菜「ケール」の秘密に迫るストーリー

05

Sea-buckthorn-with-bottle-with-sea-buckt

アンチエイジング効果のあるOMEGA成分を含む​東欧のスーパーフルーツを研究するストーリー

Sweet-fruit-apple-growing-on-trees-10939

長野のリンゴを使って、どこまで色々なメニューを開発できるか考えるストーリー

Tea-plantation-in-Oobuchi-sasaba,-Fuji-C

創業の地、沼津の高級茶をリブランディングするストーリー

 

Blog

グラデーションレッドイエロー

事業に関するご相談

ご入会について

食品、飲料、化粧品、漁業、酪農などの食料生産。

食料加工と流通、並びに新しい事業企画についてのご相談は随時以下のサイトからお問い合わせください。

法人会員・個人会員を募集しております。

​ご検討やご希望される方は下記ボタンから詳細をご確認ください。

沼津創業農園 〒410-0233 静岡県沼津市西浦久連2番地

郵便物郵送先 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-16-1​​

©︎Kono Foundation