木製の天井

事業について

​六つの事業領域

各部門におけるスペシャリストの集合体。部門長と理事の合議制により各部門運営が執行される。

調和発展部門

興農学園の祖業であるデンマーク由来の農業技術や種苗導入などの精神に則り、農と食に関するブランディング、食育を推進して人々の健康と安心・安全を追求するための各種サービス開発を行う。

 

農と食をテーマとした地域調和と発展を推進する為の各種業務推進。興農学園の経営企画、部門横断的な事業プロジェクトマネジメント機能を行う。

流通部門

会員向けサービスの開発と運用。新商品及びサービスのプロモーション、宣伝、販路整備などを統括。 Youtuber会社との興農学園チャネルの企画と運営を統括する。

食品開発及び生産事業者 、卸売り事業者 、一般消費者のニーズをくみ取り、新商品企画開発なども行う。

エネルギー部門

土地や水、風、熱、生物資源などを再生エネルギーに変え、売電収入を活用した農山漁村における農地開発、熱の二次利用を 次世代農地経営へ転用を推進。


地域特性を考慮した最適なエネルギー源選択、地元ご関係者と協力したエネルギー分配仕組みの組成。エネルギー開発設備の稼働率向上、技術開発、並びに事業化推進を進めていく。

​人材育成部門

新技術(食品技術、科学技術、AI 、エネルギー、各種先進技術)のR&D開発プロジェクトの組成。協業先とのプロジェクトマネジメント、技術の担い手や人材育成のシステムを構築していく。

 

​学術機関と企業との連携、人材育成プログラム、ならびに就職活動の支援などを行う。

土地部門

耕作放棄地、山林、港湾部の遊休不動産の活用、ならびに各種土地利用関連プロジェクトの統括と執行を担う。国土7割を占める森林の利活用と保全。

オフィス屋上/周辺スペースの緑化・造園推進、公共スペース開発、食品工場の建設プロジェクトなど、活用が進んでいない遊休スペースを行う。

​次世代事業創生部門

最先端技術の開発部門。リモートセンシングによる栽培 システムの自動化、栽培システムAI や食品アレルギー検出AIの開発、DBの構築と運用、オランダ先進技術による植物の疫病検出予防技術なども行う。

興農学園独自、または提携企業や学術機関と共同開発した技術のパテント管理や技術マネジメント全般を担う。

​事業創生の仕組み

各部門におけるスペシャリストの集合体。部門長と理事の合議制により各部門運営が執行される。

事例集

こちらで当財団事業をご紹介いたします。​​事例集の公開進捗はBlogにてお伝えします

Hugreen System

日本トップの生産技術者が沿革でコンサルティングサービスを提供している半自動栽培システムです。現在学術機関、並びに公益財団法人様にて実証実験中

Sea Berry

東欧のスーパーフルーツ、シーベリーを使ったスペシャルドリンクです。ビタミンやオメガ酸をアンチエイジング効果があります。

温泉街活性化事業

温泉の地熱を利用した地熱発電事業により、売電収益を地域創生に利活用する事業

バイオガス発電事業

酪農用乃至は肉用家畜の糞尿を発酵させてガスを発生させ、バイオガス発電によって地域の電源安定供給を行う事業

イチゴ事業

ハウス栽培を前提とするイチゴ苗や果実栽培システムをご提供する事業

ケール

GABA成分を含むケール野菜を自家栽培、又は提起配送でご自宅へお届けする事業

興農ミカン

創業農園で収穫したみかんです。加工商品化してご提供

衛生画像診断

衛生画像診断を通じて、耕作に適した土地の探索、耕作地の植生や生育診断、並びに再生エネルギーの適地を探索する事業

地熱発電事業

温泉街に地熱発電装置を導入して売電収益を立て、売電収益を地域観光収益に投資する事業

 
グラデーションレッドイエロー

事業に関するご相談

ご入会について

食品、飲料、化粧品、漁業、酪農などの食料生産。

食料加工と流通、並びに新しい事業企画についてのご相談は随時以下のサイトからお問い合わせください。

法人会員・個人会員を募集しております。

​ご検討やご希望される方は下記ボタンから詳細をご確認ください。

沼津創業農園 〒410-0233 静岡県沼津市西浦久連2番地

郵便物郵送先 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-16-1​​

©︎Kono Foundation